それは突然、私達の家庭を襲いました。
景気が悪い世の中ですから、こういうことがあると言うのは何となく予感はしていました。
夫が左遷させられることが決まってしまったのです。
職場は今よりも、ずっと離れた場所です。
しばらくは、別々の生活を強いられることになりました。
それだけだったらまだマシだったと思います。
左遷と共に、給料大幅カットが決まってしまいました。
それまでの収入も、良いわけではありませんでした。
家計はぎりぎりです。
それなのに給料カットなのです。
私もパートには出ているのですが、その収入は微々たるものです。
今後、どのように家計をやり繰りしたらいいのか、頭を悩ますようになりました。
夫の方も、別の仕事を探す方向も考えると言っていたのですが、それでも不安は消えることはありませんでした。

 

 高校時代からの友人が「たまには外で食事でも楽しもうよ」と誘ってきました。
でも、給料カットで予算編成が難しく、外食するのがかなり厳しい状態だったのです。
「実は、夫の方がいろいろあって、今は無駄なお金を遣えないの」
「それ気にしなくてもいい。支払い全部できるからさ、たまにはゆっくりランチでも楽しもう」
なぜかノリノリの状態だったのです。
とてもしつこく食い下がってきたので、お言葉に甘えてご馳走になることにしました。

 

 会うのは久しぶりだったのですが、彼女の表情が変わっていました。
それまでは疲れを感じた表情をしていたのですが、以前のような明るい顔になっていました。
何が彼女に会ったのか?とても知りたくなりました。
「実はね、お金くれる男性を見つけたの」
いきなり言い出したので驚きました。
「パパ?愛人?」
「それとはちょっと違うんだよ。食事だけでお金くれる男性なんだ」
「食事…だけ?」
食事だけでお小遣いなんて言うと、数千円程度だと思ってしまいました。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パトロン募集サイトBEST5
パトロン募集の成功者に教わったサイト